チェック・メイト

一歩踏み出した階段
意味もない
やっと拾い上げた筆
意味もない

逃げたいのに立ち上がれない
黒椅子が僕を追い掛け回す
ゼブラのチェス・ボードの上
「僕」という名の存在

お日様とお月様
お話し合いをして
半分ずつ僕を照らす

僕もそれに倣って
半分ずつ僕を分けて
影と一緒に歩く

届くはずもない
あの子からの手紙
僕はまだ待ってる

書くはずもない
あの子への返事
僕はただ待ってる

空虚な箱庭
そこに何を夢見るの
廃墟に残された月
あと少しで落っこちる

僕は何を待ってるの
僕は何を持ってたの

チェック・メイト
僕は動かないといけない
走り出さないと
逃げないと

子守唄のオルゴール
止まるのは
もう少し先のお話
[PR]
# by haccax | 2006-07-25 08:55 | 飴玉(短編)

妄想庭園

ああ、
手放したくない箱庭。
拙い言葉。
意味のない感情。
音のない羅列。
声のない叫び。

ああ、
手放したくない箱庭。
まどろむ蝶。
灰色の平原。
花の咲かない野原。
満たされた幸福。

あと少しで、
尽きてしまう。
目を離したすきに、
崩れ落ちてしまう。

知らない間に何時
もう三時
朝御飯は忘れてた
どうするの
昨日の空は大荒れ
今はどう
カーテンの外薄暗い
馴れ合うだけの世界
それはもう
いつの話だったっけ
怯える前に消えてゆく
元のように失って
手の中にあったものは
なんだったっけ
それさえ
それでさえ
思い出せない
ああ、
もう手遅れなんだ。


あと少しだけ、と

唇が微かに動いたけれど

どうやら僕は、

声さえ忘れてきてしまったみたいだ


ああ、
愛しい箱庭、
美しい箱庭。
もう、
そこには何もはいっていない
置き去りの空っぽ洞窟。

僕は、
ただ掘り進んでいただけ。
[PR]
# by haccax | 2006-07-20 15:40 | 飴玉(短編)

4号室のてんごくへ

サヨナラすれば、
少しは気が楽になるだろうか。
少しは恋しくなるだろうか。
少しは興味が沸くだろうか。

どれも疲れそうなので、
僕はやめておいた。

キヲクをキロクすれば、
少しは勇気が出るんだろうか。
少しは癒されるだろうか。
少しは愉快だろうか。

やっぱり気疲れしそうなので、
僕はやめておいた。



でもサヨナラしてキヲクをキロクしないと、
余計に気疲れをするから、
僕はサヨナラする。
僕はキヲクをキロクする。




しにたいのなら
しねばいいんだ
くちひげのかみさまが
てんごくにつれていってくれるのなら
はくいのてんしが
てんごくにつれていってくれるのなら
たえることなど
くるしむことなど
ひとはりで

どうぞ
ごじゆうに
4号室のてんごくへ
[PR]
# by haccax | 2006-07-19 14:04 | 飴玉(短編)

雨天決行

明日雨が降ればいい、と笑った
てるてる坊主を逆さに吊った
僕は傘をもたず
外へ出た

騒がしい自動車の音さえ
雨のしずくが吸い込んで
僕は一層気分がよかった

あの塀に
手が届くまで
あと少しだけ

ガンバレ、と言いながら
あの女は徐にライターを取り出して
うまそうに煙草をふかした
それから携帯電話の呼び出し音が鳴り
可笑しそうに電話をした
去年の夏のはじめ

雨がもっと降ればいいのに
雨さえもっと

雨天決行の花火大会
小さな線香花火は
ぽとりと頭を落とし
ジュッと音を立てて
水底に沈んでった
去年の夏のおわり
[PR]
# by haccax | 2006-07-19 13:38 | 飴玉(短編)

図工

愛想笑いが上手だね、と
愛想笑いをされたので
僕は仕方なく
愛想笑いを返した

それで笑えたならいいよ
僕も笑えたなら

ああ、
材料が足りないんだ。

意味の無い工作
僕にはそれが一番向いている



もう創ってあげないけれどね。
[PR]
# by haccax | 2006-07-19 13:36 | 飴玉(短編)

Breathe

静かな一軒家の二階に響く
清らかな清流の音
水槽のポンプがぽこぽこと泡を吹いた
口をぱくぱくさせて背で水面を弾いた

そうだ
きみに餌をやる時間だったね。

ガラス張りの水槽の奥で
小さな空気を吐きながら
僕と同じ目線で泳いでる
何か言いたげな口はただ
水か泡を吸うだけだから

金魚を泳がせる
そのポンプの音を除けば
まるでがらんどうの洞窟だった
僕は、たまに口ずさむ
誰に向けてでもなく
そしてまた自分のためでもない唄
メロディが不完全で
歌詞のない音符が
不安定に浮いては落ちた

僕はこれといって何がしたい
というわけでもなく
ただ齷齪と過ぎていく時間を
呆然と眺めているだけだ
ふと思いついて携帯を開いてみても
簡素な数列を見ただけで
すぐに厭きてしまうよ

今日の日付に
赤い丸印がついたカレンダー
誰かが笑っていたような
おぼろげな印象がちらり
もう何の日か忘れてしまった
僕を呼ぶ声に、もう
顔を上げる気にもならない

この雨が止んだら
止むころには
折りたたんでた羽
広げよう
[PR]
# by haccax | 2006-07-19 13:08 | 飴玉(短編)

Re

深く呼吸した
僕には時間が無いと

歪んだ世界を歩けば
脳を劈く痛みが響いて
出口が見つからないんだ

目を覚ましたら
サイレンの喧しい音
また病室のベッドの上
吊るされた点滴パック
心電図の簡素な音
ただ違うのは
薄いピンク色のカーテン

僕は
綺麗な色に
また再生していく

見知らぬどこかで産声をあげた
手に負えなくなったなんて
僕の知ったこっちゃないよ

神はどちら側につくかなど
他愛の無いこと
希薄な携帯神様を脳内で呼び出して
分厚い本を定義とするのなら
それは都合の良い
矛と盾

もうずっと最初から
お子様の遊戯に付き合う必要など
何処にも無いのです
[PR]
# by haccax | 2006-07-18 10:07 | 飴玉(短編)

My Own World

僕に指図するやつは、嫌いだ。
恐ろしいくらいに単純に色付いたものに、
比べようもないくらいの一般論を引きずり出してくる。
せっかく綺麗に作れたものなのに、
そんな汚い手でよごさないで。

それは僕によって創造され、
それは僕の為に存在して、
それは僕だけが触れるんだ。
そんな汚い手で触らないで。
上の空のお茶会に呼ばれたアリスは、
君だけじゃないんだから。

僕だけの世界を穢さないで。
僕だけの世界に踏み込まないで。
ただ息も言葉も飲み込んで、
ただ空気を吸っていればいい。
それが空虚というものなら、
僕にとってはそれが悦楽なんだ。

それだけで充分だったのに
ねえどうして僕の色を奪うの
そうやって忌わしい名前が
僕の世界を蝕んでいくんだ
どうしようもなく呆然として
嗚呼、
僕の邪魔をするな
消え失せろ
綺麗で無垢なものが
嗚呼、
手垢で埋もれていく
止めろ
吸うだけ吸ってくれ
思う存分眺めてくれ
その代わり
僕は虚ろをもらうから

嗚呼、

また

お前か。

思い違いしないで。
知った振りをしないで。
勝手に舞い上がらないで。
そんなに汚い手で触らないで。

目障りだ。

入場料を、戴こうか。
[PR]
# by haccax | 2006-07-15 19:51

pink flier

悲劇のヒロイン
そう自称しては湿っぽく笑う女の子がいた
同じクラスだったけれど
あまり興味が無かった

彼女は自分のことを下の名前で呼んでいたし
彼女のトリマキも同様、下の名前で呼んでいた
母親のことはママといいよく口にして
大抵は昨日見たドラマの話だった
同じクラスだったけれど
僕は苗字すら覚えていない

隣の席だったから、煩くて
テスト中は、カンニングされて
休み時間には井戸端会議
僕は面白くなって観察した

月曜日と水曜日はやけに浮かれていて
金曜日には居眠りをしたあと早退して
火曜日と木曜日は大抵、保健室にいる
土日はその週によって違うようだけど
必ず決まって金曜日には
次の週の予定が決まっているようで
ピンク色の手帳を見せびらかし
ピンク色の毛がついたペンを振り回していた

ある水曜日、彼女が話しかけてきたから
僕は、まったく分からない、という顔をした
しばらく唸ってから教室を出て行って
しばらく経ってから携帯を折りたたみながら入ってきた
彼女が僕にとってピンク色のイキモノにしか見えないのと同様
彼女にとっても僕は一通のメール程度にしか過ぎないのかもしれない

次の日の木曜日、彼女は落ち着きなく貧乏ゆすりをしていた
それに気付いてしまった僕は気が散ってしまったから
やめてくれる、と一言小さい声で言った
彼女は、一体全体わけがわからない、といった顔をしてから
細い眉をウサギのように動かして、瞬く間に表情をころころ変える
自分自身で貧乏ゆすりに気付いていなかったようだったから
僕がゆっくりと警戒を解くと
迷いもなく僕の目の前に携帯を突き出して、今度はすまなそうな顔をした

「母朝帰り、夕飯キッチン、祖父危篤」

一行の簡素なメールだった
一瞬、胸の中に同情とは違った何かがざわついた
ただしそれは一瞬の杞憂にすぎず
これ何て読むの、と彼女が聞いて僕はどっと疲れてしまった
読み方や意味を丁寧に教えるととびきり嬉しそうな顔をしたから
僕はもう、そんなことはどうでも良くなってきたんだ

次の年の金曜日だった
僕はいつからか始まったいつものように
月曜日から金曜日までのっぺらく生きていた
イヤホンで外の世界と切断してしまった電車の中で
僕の視界に入った
ふらりと真っ黒な塊がざわざわと一斉に動いて
ドアが開くと同時に、空気が外に流れ出すのと同じように
何気なく見ていた僕は
吸い込まれそうになって息を吐く
黒の集団のなかに、ピンクのハイヒールを見つけた
少し伸びた長くて真っ直ぐな蜜色の髪を、背中に躍らせて
少し眠そうな目をこすり、でも嬉しそうな顔をしていた

そんな金曜日の昼下がり。
[PR]
# by haccax | 2006-07-14 16:02 | 飴缶(文)

Continue

少し声を出してみたら
思ったよりも枯れていて
何度も聞き返してくる声にうんざりだ
何度も同じ呪文を繰り返す
大丈夫、大丈夫。

また少し歩いてみると
思ったよりも外は曇り空で
しかめっ面をして俯いて歩いてる
降り出した雨でまた空、見上げた

誰もいない公園の水飲み場
真っ黒なカラス、水浴びしてた
ほんの一瞬その光景だけ
世界がすごく光ってた
綺麗だったんだ

僕は傷を忘れたくなくて、愚図っていたいだけ
[PR]
# by haccax | 2006-07-12 19:21 | 飴玉(短編)