<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

漂着路

君は、僕を見るなり「可哀相」と微笑んだ
詰まらぬ飾り文句など着飾って

僕は知らぬ間に薄汚れて、
僕は束の間の楽園を愉しむ

堕ちた地上の世界に
一輪の純白の花が揺れて咲う
君は不馴れな笑みを浮かべて

箱庭の中の僕の言葉
ヘッドフォン越しに響く奇声
力任せに踏んでいるアクセル
行く宛てもなく着いておいで

詰まらない悲劇のヒロインぶって
君が苦しそうに悲鳴を上げて笑う
楽しいだろう?
不愉快な空気を掻き消すように
下らぬ女だ、と切り捨てるだけの余地もなく

虱潰しに朽ちてゆく君を弄る
吐いて捨てるほど拾ってきた君が
僕を不満にさせる
[PR]
by haccax | 2008-02-22 02:22 | 飴玉(短編)