ハチミツ

あたたかな 橙色の 陽だまりのなか

      アイスティーに 溶けてゆく 氷

うつろに 混ざってゆく 透明な 液体


     ぼくの うたたね する おと。


          蜜色に染まった 髪が

          うたいながら 空に絡んで

  僕はその空を めいっぱい吸い込む

      蜜色に染めてゆく 染めてゆく


遠くで わらいながら 踊る

   したたかな 人魚のような

きみの 冷たいキレイな笑みが

 遠くで わらいながら 煌めく


 まっしろな カーテンが

       みついろの れーすに

ゆらゆら

         ゆらゆら   ...
[PR]
# by haccax | 2008-10-13 23:27 | 飴玉(短編)

漂着路

君は、僕を見るなり「可哀相」と微笑んだ
詰まらぬ飾り文句など着飾って

僕は知らぬ間に薄汚れて、
僕は束の間の楽園を愉しむ

堕ちた地上の世界に
一輪の純白の花が揺れて咲う
君は不馴れな笑みを浮かべて

箱庭の中の僕の言葉
ヘッドフォン越しに響く奇声
力任せに踏んでいるアクセル
行く宛てもなく着いておいで

詰まらない悲劇のヒロインぶって
君が苦しそうに悲鳴を上げて笑う
楽しいだろう?
不愉快な空気を掻き消すように
下らぬ女だ、と切り捨てるだけの余地もなく

虱潰しに朽ちてゆく君を弄る
吐いて捨てるほど拾ってきた君が
僕を不満にさせる
[PR]
# by haccax | 2008-02-22 02:22 | 飴玉(短編)

眠れない夜(訪れない朝)

こんなに静かな夜に限って
僕はどうしても、眠れない
眠れない夜に限って
僕の周りには、誰もいない

そういえば、あの日だって
僕の周りには、誰もいなかった
しんとして、時折遠くで電車が通り過ぎる音がして
誰の声も聞こえない静かな夜
クラヴィノーヴァの冷たい鍵盤の上に伏す

僕は翌朝、ニュースにも報道されずに
ただの数値として処理され、加算される(だろう)
かあさんは目玉焼きを焦がし
いもうとは牛乳をこぼし
とうさんは電車に乗り遅れる

君が知るのはいつだった(だろう)か
三日後か
数時間後か
何年か過ぎた後か
それともずっと知らずに過ごすの(だろう)か

僕は残酷にも天や地獄にも逝かず
ただぱったりと生きることをやめて
意識も言語も光や音という感覚も失い
腐敗して風化する(だろう)
蔑むことも崇めることも
全て言語としての意味をなさない

僕の所為?(誰の所為?)

僕は無責任だ
遺書でも書いたら気は紛れた(だろうか)
ああ、遺書でも残してしまったら
僕が(代わりに)死ねばいいのに?
そしたら(殺した奴は)二度殺される(だろう)
要はそんなことじゃない

もし僕が、今日いなくなっていても
それを知る人は、今日を生きている
いなくなった僕は、いなくなった今日を知らない
それを知る人は、いなくなった僕の昨日を知らない

僕がいなくなった(はずの)日
君は何の不安もなくベッドで横たわり
心地よい寝息をたてて眠っていた(だろう)
僕がちいさく音を立てても
君は気付くこともなく眠り続けた(だろう)

だから、僕は安心して、

いなくなった(はずだ)

その日

君が何の夢を見ていたか
僕は知らない(だろう)
楽しい夢か、恐ろしい悪夢か
そもそも夢など見ていなかったのか
どんなことでもいい
僕は知らない(だろう)
知らないまま、僕は、今生きている

僕(と君)は、それを、君(と僕)のその日を、知った

いなくなった(はずの)僕は
いなくなった僕の昨日を知っている
いなくなった(はずの)僕は
いなくなった僕のその日を知った
いなくなった(はずの)僕は
上手にいなくな(れなか)った代償に
君を抱きしめること(しか)出来ない
その拳は僕に向けて
そのナイフは僕が受け止めて
だから(だけど)、やめて
君(だけ)はいなくならないで

ごめんなさい
上手く(いなくなれ)なくて、ごめんなさい
上手に(生きることが)出来なくて、ごめんなさい


所詮は下らない一匹の醜い生物おろかものの知恵(ひとつおぼえ)
[PR]
# by haccax | 2007-06-04 03:10 | 飴缶(文)

大丈夫だよ、口癖の僕は
三度目で限界(いらだち)
繰り返し繰り返し、何度も確認する疑りぶかい声も
三度目は限界(あきらめ)
三度目の正直が無いまま
諦めるのやら、苛立つのやら
くたびれた二酸化炭素を吐き出す(フリ)
途切れる電波(いらだち)、続かない通話(あきらめ)
僕の所為?(ふたりの所為)

おいで、いつも飼い主の僕は
手招きするけれど(束縛)
近付いてくる無防備な好奇心も
尻尾を振ってくるけれど(偽善)
僕の飼い主は見つからないまま
諦めるのやら、苛立つのやら
くたびれた銀の首輪を締め直す(フリ)
千切れる紐(束縛)、届かない腕(偽善)
僕の所為?(ふたりの所為)
[PR]
# by haccax | 2007-06-04 03:06 | 飴玉(短編)

置手紙

お久しぶりです、皆さん
もうそろそろ、桜も散り始める頃ですが
お元気でしょうか
僕は、元気です

この記録を始めてから
今年の夏で何年目になるのかな
もう随分昔のことだから
とうの昔に忘れてしまった
長い間留守にしていたけれど
この家の玄関先には雑草一つ見当たらない

僕は月並みに高校を卒業して
月並みに大学へ進学した
月並みに友達も出来て
月並みに忙しくなって
月並みの毎日を送っています
悪くないかなって、思う
けど、やっぱり昔と似た空気を吸うこともあるんだ
そういうときの空気ってさ
瓶に詰めて置いておきたいくらい、切なくて
とても心地いいんだ

中学の時の僕は、本当に閉じこもって
外面のいい優等生だった
教師に媚びを売ることもなく
説教喰らうこともなく
陰口叩かれることもなく
いつも校庭の緑色のネットの、向こう側の
ビルの遠い林を呆然と眺めてた
目立たないように息を潜めながら
省かれないように声を張り上げて
どこか冷めた目しながら、炭酸水啜ってた
高校生になれば何か変わるって、
適当なこと考えながら保健室行って
適当に温度計を弄って三十七度突破させて
誰も居ない路地裏とか、通って帰った
食べ残してた弁当のおかずとか
道端の、黄色い眼をした黒猫にあげて
カバンを椅子にして座り込んでた、な

高校生の時の僕は、凄く不安定で
丁度そのときに、この隠れ家を作った
最初の夏休みが、僕は消えかけた最初の日
真夜中にピアノの上に白い粒を広げて
何度か寝室を往復してから涙が止まらなくて
うるさいサイレンの音でぼんやり、頭が起きて
担架の上なのか、視界が凄く揺れていた
直ぐ隣に点滴用の透明なパックが吊るされていて
水色のカーテンの向こうで白い人が動いてた
白いシーツがあって
右腕から点滴が外れてしまって溢れた僕の血があった
気付いたら青い顔した女の人が駆けつけて
何人か集まったと思ったら、映像が乱れて
また気付いた時には、母がおつりを財布にしまっているところだった
何度も思い出したブツ切りの記憶
夏休みが明けると僕は、
何事もなかったかのように学校へ行き
宿題を提出し、電車に揺られて帰った
誰一人として
「僕が居るということ」に違和感というものを微塵も感じずに
いつもと変わらない日々が過ぎる
いつもと変わらない位置に、教室に、出席番号に、あの席に、僕が居て
彼らの脳内で、僕は平凡に生きている

卒業した僕は、
まだ、ここを卒業出来ないでいるみたいだ
そんなに悲観することはない、
誰だって落ち込むことはある、とか
そんな前向きな言葉が欲しい訳じゃない
俯いているからって前を向かなきゃならない訳もない
じゃあ、なんなんだって
お前は何が言いたいんだって
人は僕を、天邪鬼とか、ヒネクレとか、ヘソ曲がりとか
言うかもしれないけど
そんなナマエなんて、僕には、関係ない
誰か僕を優しいとか冷たいとか、言おうが
僕は、僕を、僕以外の何者にも思えない
ただ、誰かの幸福なお話と記憶に埋もれていくなかの僕は
恐らく誰かが改札を抜けたその時に、空虚に笑い
恐らく誰かが手を打って笑ったその時に、深呼吸をする
僕はその度にそのシーンを記憶して
忘れないようにこのファイルに綴じるんだ

長い間、留守にしていて、ごめん

僕は 帰ってきたよ。
[PR]
# by haccax | 2007-04-08 00:25 | 飴缶(文)

青天の霹靂

たとえれば
カラッポだった瓶に
たっぷりと蜜を溜め込んだような感じだ
光に透かして
ゆらり ゆらり
滑らかに
ゆらり
鈍くゆれる金色

僕はもうお腹いっぱいなんだ
嘘みたいに笑うのにも疲れたんだ
ただ一定速度でブランコを漕いでるんだ
あともうちょっとで宙を飛べるなんて少しも思わずに

僕はいつのあいだに落としてしまったかなあ
気付いたら何度目か出逢って
だいぶ靴の裏が磨り減ってしまった

ねえ、どうだろうか
僕はもっと完璧に笑えているのかな

ねえ、それは
とても奇妙な空間なんだよ
きっと誰にもわからないんだ
鼻をくすぐって胸を刺して息が止まる
羨望のひとときに溢れる幽光
瞼を閉じて息を吸う数秒
じんわりと痺れていく神経
鈍色の空気を割く轟音
目隠しなんて要らないよ
ありがとうも さようならも
ごめんなさいも要らないよ

僕の 生きるための 言い訳すべ
[PR]
# by haccax | 2006-11-15 19:07

BAD SAD MAD

如何したものか
こういう日に限って
見てはいけない物を
見てしまうんだ

一握の好奇心が
軽い嘔吐に取って代わる
後悔と一緒に吐き出して
溢れ出す嫌悪に顔を歪める

考えたくもないのに
眼を逸らせば深まり
聞きたくもないのに
眼を閉じれば澄んで

異常なまで尋常な日常
正常ならぬ愛情を求め
非情ベルも鳴らぬ戦場
立ち往生し続ける地上

絞め殺したい衝動と
途中放棄した倦怠と
結局なにもしないで
なにも思わないふり
なに一つ不自由なく
何もなく過ぎてゆく

少し黙っていてくれないか
[PR]
# by haccax | 2006-11-11 11:11 | 飴玉(短編)

BORN

シャワーが
僕の背中に降りかかって
響く心地よい雨音と
燃えるようなヴェールを

僕は水滴に打たれながら
まんまるく膝を抱えて
その膝の上に頬をのせる
まっすぐに流れる海藻を

なにかの番組で
胎児はこうして過ごすという
熱い水滴が横顔をつたい
唇の隙間から入りこむ

きっと暗証番号が誕生日の主婦も
社長と飲み会で二日酔いのサラリーマンも
同じ格好で窮屈に、無垢な顔で
簸たすら壁を蹴っていたのだろうか

降ってゆく小さな粒が
僕をコンスタントに暖める
零れ落ちて流れる粒に
僕は溶かされてゆく

排水溝の奥から
波打ち際の音がする
冷え出した背中を
暖める手など空しく

開きかけた唇
そこから何が零れるの
なにも言えないまま
息を吸って不器用に愛想笑い

曇った鏡に映る背中
肩甲骨の茶色い黒子
羽ばたいている刺青
誰もが愛したすべて
[PR]
# by haccax | 2006-11-10 20:25 | 飴玉(短編)

silly lovely timely

指を伸ばす
その先
誰かの手が見える
一呼吸おいて
左右つかず立ち往生している
僕はそこで立ち止まるんだ
夢見るハッピーエンド

バイバイもアイタイも

おぼろげな視界
その先
誰かの眼が撫でる
一歩引いて
空と壁を交互に嘗め回している
僕はそこで瞼を閉じるんだ
夢見たバッドエンド

売買も相対も

それで満足かい?
嗤い声がする
僕は一瞥して
手をとって歩く

そうやって毎日死んでは
生まれているんだろう

きっとこの線を越えたら
越えてしまったら
僕は、もう
今も、もう

黄色い線の 内側へ
[PR]
# by haccax | 2006-11-09 19:08 | 飴玉(短編)

侵入者

僕は冷たくなった指を握って手のひらで暖めながら、ジャケットを着て外へ出る。
去年家を引っ越した僕の家族は、近所の人が通れば頭を下げて挨拶をした。もう引っ越してから一年が経つから、当然のことなんだ。つい四ヶ月前に初めて自分の新しい家を目の当たりにした僕は、未だに隣家の住人の名前も知らないし、顔や姿かたち、年齢や性別まで一切分からない。ドアを出た二歩先は、もう未知の世界だった。
いってきます、と玄関に言い捨ててドアを閉めると鍵を掛けた。後ろを折りたたみ自転車に乗った小柄な男が咥え煙草で通り過ぎる。アイツかもしれない。一瞬で顔が強張り、神経を眼に集中させて一直線にその男の特徴をつかもうとする。その行為はもう既に僕の中で習慣化され、反射的に、無意識のうちにするようになっていた。
真新しい新築の僕の家の窓が、数週間前に割られた。幸い、窓の構造が複雑であったため、叩き割れずに二、三度叩いたあと侵入を諦めたようだった。僕は第一発見者だった。警察は僕の事情聴取をしたがっていたけれど、日中は学校だったので出来なかった。窓はカーテンで隠れていたのだけれど、セロハンテープを貼ったような不自然な線を見つけて近寄って調べてみたのが始まりだった。その日、三者面談で家を出たのが十時、帰ってきたのが十二時だった。たった二時間の間に、何者かが僕の家の窓によじ上り、金属製のもので叩き割ろうとしたのだ。窓の数箇所に、黒い墨のような指紋が残っていた。警察はその指紋を取って帰っていったようだけれど、それから音沙汰無い。唯一分かったのは、手形の指の間隔からすると、侵入者は小柄な人間だった(と推測される)、ということだけだった。左隣の住人は犯行時に家に居て、物音を聞いたという。右隣の住人は以前(といっても数十年前)に空き巣に入られたという。父と母は三日間くらい騒いで、仕事の話しかしなくなった。本当は、僕は、そんなことはどうでもよかった。
その日から僕は極端に眠れなくなった。不眠症に陥った。眠気がしない、というより、眠ってしまうことすら恐ろしかった。物音がすればすぐに飛び起き、玄関の明かりをつけ、家中の窓の鍵が閉まっているか、その度に繰り返し確認して回った。横になって瞼を閉じて、眠ろうとすればするほど、音に敏感になって眠れなかった。もっとも、初日は出刃包丁二刀を目の前に据えて、金属バットを抱きしめ、暗闇の中じっとして、物音がするたびに家中を何度も、忍び足で音を立てないように歩いて回った。僕が何よりも恐ろしかったのは、正体の不透明さだった。得体の知れない侵入者は、何日も前から僕のことや、僕の家族こと、近所のこと、または僕が思いつく事以上のことを把握して、記憶して、息を潜めて、機会を狙っていたのだろう。彼(若しくは彼女)が残していった爪痕は、それだけで無防備な僕に凄まじい衝撃を与えた。財産が、命が、惜しいんじゃない。金目のものならそこらじゅうに転がっているし、盗られて困るものなどそこらじゅうに散らばっている。そんなことに、僕は何の恐怖も覚えない。ただ恐ろしいのは、正体不明の悪意、そのものなのだ。
僕はそれ以来、近所を通る人間を半ば睨みつけるように観察した。いってきます、と誰も居ない家に向かって、声高に挨拶をする。家を出る時も、入る時も、決まって言うことにしていた。老婆がなにか懐かしそうな顔をして僕を見る。残念ながら僕は彼女をも心の底から全力で疑う。郵便配達ではないバイクが家の前に止まっている。玄関で家の前の明かりをつけて、靴を履く。靴を履いている僕の影がドアの隙間からぼんやりと漏れる。バイクがアイドリングを止めてエンジン音が遠ざかる。僕は走り出て左右を見、手にはカメラを構えている。ここ数ヶ月ずっとそんな感じなんだ。
最初のころは家から離れるのが怖かった。家から少し離れたのコンビニへ、自転車で行くことすら恐ろしかった。僕が家から離れている少しの間に、侵入者が入り込もうとするかもしれない。運悪く帰った僕が鉢合わせてしまうかもしれない。見つかって、逆上して、殺されるかもしれない。死んでしまうかもしれない。問題は、そこから先が予測できないことなんだ。寧ろ、そこで死んでしまった方が、簡素で無責任で楽かもしれない。僕は尋常じゃないほど脅えていたし、相反して尋常じゃないほどの好奇心に気圧されていた。
僕が人の目や顔色を窺ったり、人の顔を呆然と眺めて観察するのは、そういう簡素で取りとめのないことが積み重なって僕を構築するからだ。そのことに同等の理解は求めない。同等の経験も必要ない。でも、必要なものばかり集めていたら、とても質素なものになってしまったんだ。今だってほら、冷え切った指先に気付いて暖めてくれる人なんて何処にも居ないだろ?そういうことだよ。もっと単純なこと。寂しいのは、僕だ。
必要ないものに必要なのは、それを見て僕が何を嗤い、何を創るかということ。
[PR]
# by haccax | 2006-11-02 19:22 | 飴缶(文)